ブログ

年末年始

2018.12.28

食べ過ぎに気をつけたい!OSECHI !

皆さんこんにちは!自分の部屋の大掃除するタイミングを完全に見失ってしまった

Mr.ポジティブSHINTAです。

時が経つのは早いもので、あっという間に平成30年が終わってしまいます。

「クリスマスだ〜」とヘラヘラしていたら、もうみんな年末モード!切り替え早すぎ!!

大掃除するタイミング完全に見失った〜(焦)

でもどこかで時間みつけてやらなければいけないですね。大掃除しないという方も年々

増えていっているそうですが僕はやります!やってみせます!

「こまめにやっているから」とかそうでなくて、1年の汚れを全て綺麗にして新しい1年を迎えよう!という平安時代からある大切な行事ですから。

 

と、いうことで!

新しい1年を迎えたらまず食べるものといえば「おせち料理」

食べる時期が重なるこの季節。

「食べたいけど太りたくない、何を食べたら良いか

わからない」

という方の為におせち料理の中で太りにくいものベスト3・太りやすいものワースト3

ご紹介していこうと思います!

 

 

おせちの太りやすいNG食材ワースト3

1位:栗きんとん

2位:伊達巻き

3位:お煮しめ

 

1位の栗きんとんは、糖分が多く高カロリーです。日持ちするので少しずつ

食べるように心がけましょう!

2位の伊達巻きも栗きんとん同様カロリーは高め!

僕が1番好きなやつ(笑)

3位のお煮しめは食材自体はヘルシーですが、みりんや砂糖が

多く使われしっかり味付けされています。カロリーも高いのでこれらの

食材は1日に食べる量を決めてそれ以上は控えましょう!!

 

 

おせちの太りにくいOK食材ベスト3

1位:なます

2位:数の子

3位:かまぼこ

 

1位のなますは、脂肪のもととなるインスリン分泌を抑えるので

肥満予防に一役買ってくれます。

また、大根にはアミラーゼなどの消化酵素が豊富。

胃もたれや胸焼けを起こしにくくする作用もあるので年末年始に

ピッタリの食材です。

2位の数の子は素材そのままなので低カロリー。ただし、

塩分が高くお酒が進むので食べ過ぎに注意です。

3位のかまぼこは高タンパク低脂肪。

タンパク質は筋肉を作るのに欠かせない栄養素です。

代謝も良くなり、痩せやすい体を作ってくれます。

噛みごたえもあるので満腹感を促す効果もあります。

 

 

1ポイントアドバイス

おせち料理はもともと保存食だった為、日持ちするように

「砂糖・塩・油」などが多く使われているのが特徴です。

ダイエット中ならこれらを多く含む食材は避け、なるべく「素材を生かしたもの」

選びましょう!

 

 

まとめ

飲み食いする機会が多い年末年始は、ついダイエットを諦めてしまいがちですが

ちょっとしたことに気をつければ正月太りを回避することも可能だと思います。

お正月を迎えるにあたって、ぜひ皆さんも参考にしてみてくださいね!

スクリーンショット 2018-12-28 11.16.54