ブログ

低糖質

2018.12.14

甘いものを食べたい時の対処法

こんにちは!10月が誕生日だったがダイエット中だった為、ケーキの代わりにゆで卵と

ササミを食べた究極のメンタルのMr.ポジティブ斉藤です!

 

「私は甘いものが好き!」「甘いものを食べないとストレスになる」「でも体重が気になる」

という方はたくさんいると思います。

今回は、ダイエット中にどうしても甘いものが食べたくなった時の対処法をご紹介

します!

 

 

砂糖は中毒性あり。

さらに、老化の原因にも!

 

「糖分をとると頭が働く」 「甘いものを食べないとイライラする」など良く耳にしますが

これらは糖質依存症のサインです。スイーツやご飯といった糖質が高いものには中毒性が

あるので食べるほどに欲しくなってきます。

また、糖質をとると体の隅々で「糖化」という反応を起こします。糖化は体内のタンパク質や脂質が糖と結合することです。これにより細胞が劣化し、骨なら骨粗鬆症

血管なら動脈硬化を引き起こす可能性が高くなります。

また、肌にもシミやシワとなって現れます。つまり、

糖質はとりすぎると老化を早めてしまうということです。

 

 

甘いものを食べたくなったら

豆乳やヨーグルトで代用

 

糖質中毒の方にとって甘いものを急にシャットアウトするのは難しいもの。

ストレスからダイエットを諦めたり、過食に走ったりするパターンもあるでしょう。

あまりにも辛い場合は、代用食を利用しながら徐々に糖質を減らしていきましょう。

甘いものはとらない様にしていると、だんだん欲求もなくなってきます。

例えば、豆乳やヨーグルトはタンパク質補給の間食として最適です。自然な甘みがあり

満足感も感じられます。豆乳は無調整のもの、ヨーグルトは高タンパクのものを選択

しましょう。イソフラボンやカルシウムの補給にもなり対象も良くなります。

 

 

低糖質のコンビニスイーツを上手に活用

 

糖質オフダイエットが一般的になった現在では、色々な低糖質スイーツが開発

されています。これらは人工甘味料ではありますが甘さは十分にあり、糖質は抑えられて

います。

コンビニでも糖質ゼロや糖質オフのスイーツを入手できます。例えばロールケーキや

エクレア、どら焼き、ゼリー、アイスなど種類も豊富。甘いものが食べたくなったら

利用すると良いですよ!

ただし、糖質オフだからといって制限なしに食べるのはNGです。

あくまでもダイエット中という自覚を持ち、時間を決めて少しだけ食べる様にしましょう。

 

 

どうしても食べたい!という時のおすすめ!

 

チョコレート(カカオ75%以上のもの

ナッツ(素焼きのアーモンドやクルミが◎)

豆乳(無調整のもの)

プロテイン、スムージー(腹持ちが良くて◎)

フルーツ(少量ならOK

デザート(寒天ゼリーやヨーグルトなど100kcal以下のアイスなどチョイス)

 

 

いかがでしたか?

僕も初めは糖質を抑えるのがとってもキツかったですが(特にご飯とラーメン)

我慢し続けたところ

3週目あたりから慣れてきて順調に体重が落ちてきました!

これからクリスマスもあってケーキを食べる方も多いかとは思いますが

食べる時は食べて、普段は糖質の量に気をつけてみるのもいいかもしれませんね!

 

皆さんもぜひ試してみてくださいね!

それではまた来週〜♪

スクリーンショット 2018-12-14 19.57.39