ブログ

2019.11.12

不安を安心に変えるピラティス

 こんにちは! ピラティストレーナー&健康運動指導士MIYAKOです!

Body Studio JAMムラケンはりきゅう整骨院と連携している施設です。

腰痛の他、肩こり膝の痛みなどに悩む患者様の中には、JAMにご入会する方が増えています。
実施したメニューやお身体の状態は、整骨院と情報共有し、ご利用になる方々の「不安」「安心」に変え、「痛みの出ない身体づくり」を目指しています。

先日は、股関節の手術で体力低下、医療施設でのリハビリ後、日常生活動作に不安を抱えていらっしゃる方が、沼津市から「ピラティス」のパーソナルレッスン体験にいらっしゃいました。

ピラティスがリハビリにも活用されているメソッドということもご存じでしたが(過去の記事もご参照ください→「ピラティスってなんですか?」

実際に体験された感想は

「安心して、受けることができました!」

その一言でした。

私は、この一言をものすごく、深く受け止めました・・・

きっと、大きな「不安」の中、ここを選んで来てくれたんだ!
今感じてくださった「安心」をもっと大きな「安心」にして、元気で楽しく笑顔あふれる毎日にしていただきたい!

担当するトレーナーの私だけで無く、施設スタッフ全員が「笑顔」と「健康」と「幸せ」のお手伝いをしていきます。

痛みや健康上の不安のある方も、ご安心ください。

まずは、体験をお気軽に♪ 駿東郡清水町・沼津・三島・函南町・静岡県東部で「健康」になるならBody Studio JAM!

見学・体験はこちらから←お申し込みいただけます(^^)/ 

2019.11.05

ピラティスは「力」になる

こんにちは! いつも笑顔で飴と鞭! ピラティストレーナー&健康運動指導士MIYAKOです!

先日、ピラティスのセッションを受けてきました。
自己トレーニングの他、2~3ヵ月に1度は師匠である先生にセッションをお願いしています。
先生は日本だけでなく海外での指導者養成など、お忙しい方なのですが、毎回丁寧に、厳しい中にも思いやり溢れる指導をしてくれます。

ピラティスだけでなく、フィットネスに関する知見も広く、「健康づくり」「心身の鍛錬」についても教えてくれます。

そして、指導者である私も、生徒になってトレーニングをして、セッションを受けることで、お客様の身体の事や気持ちについても気付きがあります。

私も師匠の様な、指導者を目指し努力を続けていきます!!

筋力や柔軟性、コントロールがともなわず、最初は難しいと感じたエクササイズも繰り返し続けることで、徐々に自分の物になります。

確実に自分の力になります!!

体力づくり、ダイエットも同じだと思います。

決めたら、コツコツやる。

あなたもピラティスで「自分の力」を付けていきましょう!!

それは自信につながります(^-^)

私やJAMのスタッフが総出で、お手伝いします!!

駿東郡清水町でピラティス♪
三島・沼津・函南町など静岡県東部でピラティス♪
身体を動かす楽しさを実感♪

体験・ご入会に関するお問い合わせなどは、お電話でもメールでも受付しております。
フリーダイヤル 
0800-200-5820
メールはこちら 
見学・体験申込みをクリック↑

機能的で美しく動きやすい身体づくり健康美Bodyを目指すあなたを応援します!

2019.10.29

チェンジにチャレンジ!!

スクリーンショット 2019-10-29 19.41.59

皆さんこんにちは!!すご〜く久しぶりのMr.ポジティブSHINTAです!!

 

僕はこの数ヶ月、メンタルトレーニングについて深く学んできました。

そして僕は、トレーナーという職業について9年目。

この9年間抱いてきた疑問がついに解決されてきています。

その疑問とはどうしたら痩せることが出来るのか?」

「ダイエットを成功できる人とできない人の違いってなんなのだろう?」

そして僕は、SBT(スーパーブレイントレーニング)というものに出会いました。

まだまだ勉強している最中ですが、僕なりに出した答えの1つをブログにしたいと思います。

 

まず、ダイエットに成功した人というのは凄くポジティブなんです。

体重の-0.1kgの変化にも「はぁ、これだけか…」ではなく「よし!落ちた!」とプラスに捉えることができます。

この違いだけで、ホルモンの流れ方が変わるので体にいい影響が出てきます。

 

そうは言っても、どうしてもネガティブになってしまう…そういう人の方が多いでしょう。

 

人間の脳には感情スイッチである扁桃核というところがあります。

この扁桃核は、自分に何かしらの出来事が起こるとたったの0.5秒で「快・不快」のどちらかに判断します。

ここで、扁桃核が不快の判断をしてしまうとマイナス感情が完成し、本来脳が持っている能力を発揮できなくなってしまいます。

 

そこで3つの「脳ルール」を覚えておきましょう!※これは精神論や根性論ではなく、脳科学や大脳生理学に基づいたものです

 

まず、脳は入力(見たり聞いたりなどの自分に起こった出来事)出力(出来事に対して自分自身が起こした行動や言動のこと)

プログラミングされています。

※ここちょっと難しいかも… 

 脳は過去に入力された記憶データに基づいて快・不快を判断し否定的になったり肯定的になる。


 言葉による出力は、そのまま脳に再入力されるので扁桃核の判断をますます強化してしまう。


 脳は、現実の体験による入力もイメージによる入力も同じ物として記憶データが残る。

 つまり脳は「現実とイメージを区別でできない」

以上のことから、

「脳は思ったこと(入力)より言ったこと(出力)を信用する」ので、その性質を利用します。

やり方は簡単!出力(行動や言動)をプラスに変えるだけ!

 

例として、仕事に行く前に「はぁ眠いなぁ仕事めんどくさい」と思ってはいても

「あースッキリした!今日もいい朝だ!一日頑張ろう!」と口に出して言ってみよう!

このように出力のチェンジにチャレンジするだけで、脳はプラス思考だと勘違いしてプラスのホルモンを流してくれます。

そうすると1日が充実すること間違いなし!

 

「きつい、だるい、嫌い」などマイナス思考に考えていると正しいことが長く続きません。

しかし、「嬉しい!楽しい!大好き!」という精神でいれば何事もワクワクして取り組むことができますよ!

(ドリカムか…) 

ぜひ皆さんも、出力を変えてプラス思考を手に入れましょう!

そして、一緒に楽しくダイエット成功しましょう!